子育て!転職のタイミングや正社員の志望動機は?

子育て中の転職について!

育児休暇を取得する人が増えてきました。  私の周りでも育休を取得してそのあと子育てしながら会社で仕事を務めている人が数名いています。 中小企業なので女性の働き手が少ないので大手企業ならもっと多いと思います。

 

そもそも、育児休業とは1991年に制定された日本の法律で育児や介護などを行う労働者の福祉に関する法律(平成3年法律第76号)です。 一般的には育児介護休業法ですかね。 育休を2000年以前と比べると女性だけでなく男性で取得する人もボチボチ出てきているとニュースでも紹介されることがあります。 男性で育休を取得するのはまだまだ少数の人という事ですね。

 

 

育休は法律で定められているので、比較的育休を取得して子どもを産む所までは順調に過ごせることが多いですが、その後の子育てしながら仕事を続ける事は会社と周りの理解がないとかなり難しい状況があります。

 

最近やっと保育園が不足している問題が表ざたになって仕事を続けられない人たちの声がニュースなどで紹介されるようになりました。

 

  • 働きたいけど保育園が無くて子どもを見てもらえる環境がないから働き続けることができない
  • 時短勤務を利用しているけれど、仕事の量が変わらないことが多く仕事と子育てを両立することが難しいことも多いです。

 

このような状況になった時に、子育てしているけど転職が出来るのか?不安になると思います。

 

基本的に転職しないで定年まで今の職場で働くことが条件的に有利になることが多いです。
でも、今の状況を少しでも改善したいと考えるなら今までの経験と改善すること、妥協できる事を整理して転職活動をしてみるのも一つの方法です。

 

一番大事なのは我が子との時間を大切にする事ですよね。
なので、子育て、仕事、転職活動で時間がもっと無くなる事を理解する必要があります。

 

しかも、転職するにはあなたの今の状況改善の希望だけでは内定を頂けません。 その為、あなたが過去に経験してきたことと、新しい会社で活躍できる所をアピールする必要があります。
有力な資格や、経験を持っていることも一つの武器になります。

 

その為、子育て中の私でも転職できるのかな?と感じたら、その場ですぐわかる転職力診断 @typeを受けてみるのも一つの方法です。

 

 

 

子育て中の転職で正社員は可能か?

転職は可能だと思います。 でも、条件が今より良くなるのはかなり難しいと考えてください。
その為、資格取得などあなたのスキルをアップすることも視野に入れる必要があります。

 

そして、子育てに理解のある職場に巡り合えればラッキーという感じで転職活動するのがよいかもしれません。
実際に子育て中の場合は今の職場で働き続ける事の方が将来的に条件が良いことが多いので良く考えて判断してくださいね。

 

 

子育て中の転職で女性のポイントは?

女性はまだまだ子育てに理解のある周りの人が多い所が少ないと思います。
会社自体も子育てに対するサポートが充実していないのが現実かもしれません。

 

子育て中の女性は、20代、30代、40代、50代と小さいときだけでなく子どもが高校を卒業する歳になるくらいまでは親の力はとても重要です。
小さい時の保育園や幼稚園、習いごとの悩みから始まると思いますが、小学生になると小1問題と言う感じで学校が終わった後の子どもの居場所がある学校とサポートの少ない学校があります。

 

仕事が毎日5時か6時に終わると良いですが、仕事で残業が続く場合があるので会社の周りの理解がとても大事です。
中学になっても懇談や、家庭訪問など子どもに関する行事がありますし、子どもも反抗期になるので家庭によってはいろいろと悩みが増える時期でもあります。

 

この辺りに理解のある会社はまだまだ少ないので転職したから全てが改善する可能性が少ないと理解して転職活動するのが良いと思います。
でも、子育て中の女性が多い職場を運よく探すことが出来ることもあるので諦めないで転職活動するのがお勧めです。

 

仕事のキャリアに自信のない人でも女性に特化した転職サイトを利用するとお給料面は今より若干条件が変わるかもしれませんが長く働くことができる職場と巡り合えるかもしれません。
一度そのような転職サイトを活用してみるのはいかがでしょう。
女性 × 未経験のお仕事探しに特化したお仕事紹介【RUN-WAY】

 

子育て中の転職で男が気を付けること!

イクメンと紹介されることが多い子育てに協力している男性が増えてきたそうです。
でも、子育てをしたいから今の残業の多い職場を変わりたいと考える事があるかもしれません。
実際に、そのような理由で転職活動をする人がいるのも事実です。
自分の考えを一歩踏み出すその行動自体は大事なことだと思います。

 

子どもが父親を必要とする時期は特に小さい時だというのも理解できます。
しかし、子どもが中学生、高校生、大学生と大きくなると父親の役目は経済力に変わっていきます。
その時の事を想像して今より少しでも良い条件の職場が見つかッた場合に転職するという判断も大事です。

 

子どもは父親の事を良く見ているので空いた時間に少しでも子どもと接する時間を大事にして下さいね。

 

 

子育ての転職はタイミングを考えて計画的に!

子育ての転職するタイミングは人によって違うと感じるかもしれませんが実は良く似ています。

 

特に女性は一般的に子育て中に転職を考える事が多い時を想定して転職計画を立てるのがお勧めです。
くれぐれも今の状況を打破したいからという現実逃避で慌てて急いで今より条件が悪くなる転職にならないように良く考えて行動してください。

 

ワーママが転職する時は、転職組のワーママがたくさんいるのか?転職組のワーママがたくさんいるのか?チェックする必要があるかもしれません。

 

 

保育園を探す時

保育園が会社の近くにない、家の近くの保育園に子どもを預けてから会社に行くと出勤時間に間に合わない。
でも、仕事していないと保育園に続けて通わすことが難しい。 直面する悩みがあります。
保育園に預けることができないので働く所を探すこともできない。

 

様々な悩みに直面するのがこの時期です。親の助けや専業主婦として過ごすことが可能なら子どもが手がかからなくなるまでパートに出る人が多いかもしれません。

 

長い数年間になると思いますが、水面下で転職活動するのが理想ですが、時間的に確保できないなら短期間で勝負を決めるつもりで一度退職してから子育てしながら転職活動することも視野に入れる必要があります。
でも、将来的に、小1の壁もあるので将来を見据えて転職活動するのはいかがでしょう。

 

小学校に入学する時

小学校に入学する時に保育園のようなサポートが無くなるのでワーママとして働くことが難しいと感じるのが小1の壁です。
特に、ワーママの年齢が高くなり任される仕事も重要な事が多く残業や、会議等が多くなる時期と重なるので子どもが一人で留守番できない年齢の小学校1年生は特に仕事と子育ての両立が難しくなる高い壁が聳え立ちます。

 

旦那さんと協力して子どもが帰宅する6時ごろまでに学校にお迎えに行って家に帰れるように出来ればよいのですができない場合は転職を考えることも有ると思います。
実際問題として収入が減ったとしても残業のない職場に変わるか学校の近くの職場に変わるか、職場の近くに住む所を変えるかで悩む人も多いと思います。

 

いずれにしても将来を見越して転職活動するのはいかがでしょう。

 

小学4年生で一人で留守番する時

この時期になると子どもが友達と遊んで、家で一人で留守番がある程度出来る年齢です。
中学受験を考えている家では、塾代がかなり負担になりだす時期です。
実際に塾代だけで5万円〜10万円かけているご家庭もあるので旦那様の収入だけでなく自分の収入を増やしたいと思うかもしれません。
実際に、働ける時間が増えたと感じるので残業が出来る職場に変わりたいと感じることも有るかもしれません。

 

でも、気を付けてください。 子どもはまだまだ母親、父親と一緒にご飯を食べたり話したりしたい時期です。

 

計画的に将来を見越して貯蓄する対応など別の手段も検討するのはいかがでしょう。
年齢的にも転職が難しくなってくる人が多いのでしっかりとスキルアップする為に資格取得してから転職するという方法が良いかもしれません。

 

 

中学生で塾代や私立中学、私立高校、私立大学を考える時

子どもの塾代や、私立中学、私立高校、私立大学に通う時期が子育てて一番お金が必要な時期です。
この時期になると殆どの人が30代後半、40代、50代になっていると思います。
転職して収入アップを目指すことが難しいだけでなく転職自体が余程のスキルが無い限り難しいです。

 

実際には、仕事と週末はパートなどかけ持ちを考えるかもしれません。
でも、一番良いのは今の職場でお給料をUP出来るようにしっかりと実績を積むことです。
もう1つは、あなたのスキルを必要として貰える職場を探すことができた時に転職を考えるのが良いかもしれません。

 

 

高校生で子どもの手がほとんどかからなくなる時

高校生になると子どもは殆ど自分のことは自分で出来る事ができますが、まだまだ親の手助けが必要な時期です。
将来の進路や、大学進学で子どもに全てを決めさせるのは大事なことですがサポートは必要です。

 

私立の高校や、私立の大学を希望しているなら転職で収入を増やすことを目指すのも大事ですが節約を考えてみるのはいかがでしょう。
転職すると一時的に収入が減ることがあります。環境が変わって人間関係も1から構築する必要があります。
そして、今までの仕事の実績もゼロになるのでなるべくなら今の職場で現状維持がベストになる可能性が高くなります。

 

慎重に転職活動してみるのはいかがでしょう。

 

大学生でお金がたくさんいる時

子どもが大学生になるとほとのどの人が40代、50代になっていると思います。
この時期で転職活動するのは余程のスキルや、経営者、管理職の立場でバリバリ仕事をしていないと転職自体が難しい年齢になります。
しかも、そのような立場になっている人は現状でも収入面や、仕事内容的にも充実した日々を過ごしていることが多いかもしれません。
でも、現実的に転職した方が収入が良くなるかもしれない職場と巡り合った時に、労働環境や人間関係であなたがタフになる覚悟をして転職活動してみるのはいかがでしょう。

 

 

 

いずれにしても、転職は若いうちの方が有利ですして将来を見越して子育て中の転職活動の戦略を立てるのがお勧めです。

 

キャリアに自信がない。または、未経験だけど違う仕事で子育てをしっかりしたいと考えていても諦めないことが大事です。

 

女性に特化した転職のコンシェルジュを利用してみるのはいかがでしょう。

 

子育て 転職サイトについて

子育て中に転職を考える事が多いかもしれませんが、残念ながらまだまだ子育て中の転職をサポートした転職サイトは無いのが現実です。

 

子育て中は子育てに専念するのはいかがですかね。 と思われることがあるかもしれません。
と言っても生活の為に働く必要があるのが現実です。

 

実際には、子育て中は子育てに専念してパートに変わる人がまだまだ多いので正社員で転職するのはハードルがかなり高くなります。
保育園のお迎えや、子どもが熱を出す。 運動会や、演芸会など子どもの行事も多いので仕事を続けることが難しい時期です。

 

仕事の方は中心的な存在になっていくのでどんどん仕事を休みにくい雰囲気や、仕事の量が増えて聞くので時短で働くのも難しい年代です。

 

働き方改革と言っても子育て世代をサポートする意識がまだまだ少ないのでしっかりと資格取得など自分のスキルをアップして好条件で仕事ができるように日々努力してみるのはいかがでしょう。

 

 

そんな時はお仕事コンシェルジュ【RUN-WAY】を利用してみるのはいかがでしょう。