転職するなら資格は何歳までにどこでいつ取得するのがよいのか?

転職するならどの資格が仕事に役立つのか一般的な職種は?

転職するなら資格の取得を考える人が多いと思います。仕事に役立つ職種が限られるのが第一のポイントです。

 

もし、その職種に興味が無かったら資格取得のための勉強することが苦痛に感じると思うのであなたが興味をもっている職種や、カッコ良いと感じる職種で資格取得が必要な場合は一度資格取得に挑戦するのがおすすめです。

 

では、どのような職種が資格が必要なのか?

 

法律資格

司法試験予備試験
司法試験
司法書士
行政書士
社労士(社会保険労務士)
ビジネス法務検定
宅建士
賃貸不動産経営管理士
ビジネス実務法務検定

 

会計資格

税理士
公認会計士
米国弁護士米国公認会計士
簿記
ビジネス会計検定
ファイナンシャルプランナー
会計超入門

 

知財・マーケティング資格

公認会計士 税理士 簿記中小企業診断士 販売士 FPCIA/CCSA
弁理士
知財検定
知的財産管理技能検定
中小企業診断士
販売士

 

キャリアアップ

気象予報士
秘書検定
勉強方法
ITパスポート
情報セキュリティマネジメント
ビジネス会計検定
勉強法
情報処理

 

 

最新テクノロジー

ドローン
AI検定

 

もし、この中の職種で興味を持つ事が出来たならラッキーですね
しっかり勉強して転職活動してみるのはいかがでしょう。

 

転職するなら資格を考えてみるのはいかがでしょう。

未経験で転職するなら業界や年齢そして共通点を見つけるのが大事!

転職するなら何歳まで未経験で転職できるか?気になりますよね。
一般的に転職は過去の経験をベースに転職するのが普通です。

 

でも、実際は転職する時に未経験な事が多いと思います。
中々経験のある事だけで転職できる人は少ないです。

 

その為、順応性がポイントになってくることが多いです。

 

実は、景気の悪い業界は転職しても条件が良くなる事は殆どないです。
なので景気の良い業界に転職したいと考えても業種が違うと未経験になりますよね。

 

まずは、転職するならどの業界に挑戦しようと考えてみるのはいかがでしょう。
転職するなら今は、車業界、医療業界、IT業界の景気が良いように見えますね。
そして、その業界で必要な資格の取得を目標にキャリアアップを心がけるのが王道かもしれません。

 

例えば、20代で転職するなら未経験でもポテンシャルや資格を取得しているだけでも評価される可能性が高いです。
でも、残念ですが、30代で転職するなら資格と経験が無いと中々未経験の業界で転職は難しくなっていきます。
そして、40代で転職するなら資格は持っているのが当たり前で重要視されるのはマネージメント経験やリーダー経験が重要視されます。

 

転職するなら職種も大きく関係してきます。 営業や、不動産関係は企業が比較的多く人を募集している場合が多いので資格を取得して継続してスキルアップを心がけている姿勢をアピールできます。
でも、経理、総務、資材、業務などの職種は資格取得してもなかなか転職で受け入れ先が無い可能性が高いです。

 

転職するなら女性は看護師、介護、理学療法士、管理栄養士、保育士、美容師の資格を持っていると選択肢が広がりますね。
実際は、未経験の業界でも、共通する経験があると思います。 例えば、マネージメント経験や、リーダー経験は未経験の業界でも共通です。 
そして、会計や、基礎設計の考え方や、営業の基本的な考え方等の共通スキルもあります。

 

この辺りを未経験の業界に対して当てはめれる所を見つけれたらチャンスが広がります。

 

最後に、未経験の所を勉強していかに早く一人前に仕事ができるようになるプランを職務経歴書や、面接の時にアピールするのがおすすめです。

 

 

資格の勉強ををはじめてみるのはいかがでしょう。