侍エンジニア塾 無料体験はいかがでしょう!

侍エンジニア塾のpythonやjavaの評判は?

pythonやJavaのプログラミングを独学で始めるのはかなり大変です。 1つでもプログラミングの経験があれば同じように独学で覚えていくことが可能になると思います。 

 

でも、全くゼロからプログラミングを独学で覚えることは可能だと思いますが、小学生や、中学生、高校生、大学生のようにプログラミングの為に勉強する時間が取れる人たち以外はかなり難しいのではないでしょうか?

 

実際に仕事でプログラミングをするには実践レベルで通用する知識やスキル、経験が必要になるので社会人としてプログラミングを仕事でする場合は、基礎知識を身につけてその後実戦で経験を積んでいくことが必要です。

 

もちろん、毎日勉強して知識と経験を積む努力をしないとダメです。

 

あなたの近くにプログラミングを知っている人のサポートがあれば独学で勉強しても短期間でプログラミングを身につける事は可能だと思います。

 

pythonや、JavaはPCがあれば直ぐにプログラムを作って動かすことができるのが最大の利点です。
プログラミングはなんやかんや言ってもプログラムを作って動かすの繰り返しがとても大事です。

 

でも、プログラミングを知っている人が近くにいない。 文系でプログラミングができるか不安に感じているならプログラミングを教えてもらってくれる所で教えてもらうのが王道です。
◆小学生で中学受験をする時は、中学受験専用の塾に通います。
◆中学生が高校受験する時は、高校受験専用の塾に通います。
◆高校生が大学受験する時は、大学受験専用の塾に通います。
◆医学部の受験したい人は、大学受験の塾のなかで医学部に特化した塾に通う人がいます。

 

 

侍エンジニア塾は高い?

 

この流れのなかで、pythonのプログラムを学びたい時はpythonのプログラムを教えてくれる塾に通うのはいかがでしょう。
javaのプログラムを学びたい時はjavaのプログラムを教えてくれる塾に通うのはいかがでしょう。

 

プログラミングの塾はちょっと前まで、専門学校に年間200万円位の授業料を払って、2年か、3年くらい朝から晩まで勉強して基本情報処理2種の資格をとって専門学校から紹介してもらった企業に就職するという流れが普通でした。

 

でも、今は、ITエンジニアでpythonやjavaを独学で学ぶことも出来ますし、オンラインで教えてもらう事も出来ます。

 

python 塾で検索すると 侍エンジニア塾が多く出てきます。 あとはCodeCampが出てきます。  他にもweb CampやTechAcademy Tech Camp webCampPro udemyが色々なサイトで紹介されていますね。

 

侍エンジニア塾は検索しているととにかくたくさん出てくるのでうざいとか料金が高いとか、そんな短期間でフリーのエンジニアになれるわけが無いので詐欺まがいの宣伝と感じる人が多いかもしれません。

 

まぁ、受け取り方次第ですが、プログラミングを1から10まで教えてくれる塾はあるわけですが、あなたが全てをマスターしてバリバリプログラムを直ぐにできる可能性は低いです。

 

でも、数か月教えてもらった考え方を使って、仕事を初めてその中で更に勉強してスキルを上げていくことでフリーランスや、仕事としてプログラミングができる可能性があります。 かなり努力と忍耐が必要になる事だけ覚悟しておく必要があると思います。 

 

この実情として、Javaを使ったプログラマーの仕事は多数あり人出不足。 プログラマーの案件ごとにプログラマーを雇うアウトソーシング化が進んでいる。 

 

pythonはまだまだプログラマー自体が少ないのに、AIや機械学習でメインのプログラム言語になっている。 Googleなどの大きな企業もpythonでWebサービスをプログラミングしている実情があります。

 

侍エンジニア塾は、料金だけに着目すると6カ月で60万円くらいのオンライン学習になります。 でも、目線を変えると専門学校だと年間200万円位の授業料を払って2年〜3年1日中通う必要があります。

 

この点を考えると6カ月で100万円以下の授業料で直ぐにあなたの実情や要求に対して仕事に必要な知識や実績を作るためのカリュキュラムを作ってくれるのはある意味柔軟性があるので良いのではないかな?と感じます。

 

短期間でプログラミングを身につけるためには並大抵の決意では難しいので、ずっとプログラミングで仕事を続けたいと考えている人には侍エンジニア塾や、他のプログラミング塾は良いきっかけになるのでないかな?と思います。

 

侍エンジニア塾の値段は高い?

侍エンジニアのコースの料金を見てみるとコースが3種類あるみたいでした。
特徴はオンライン学習なので全国で自分の自宅で時間があれば学べます。
地方の人にとってはチャンスが広がりますよね。

 

教えてもらいたいスキルによって価格も変わってくるのでマンツーマンレッスンをうたっておられるので独学で勉強していてどうしてもプログラミングに詳しい人に分からない所を教えてもらいたいという感じが良いのかもしれません。

 

そうでないと、1カ月でHTML/CSS/JavaScriptを全くのゼロから憶えるのはかなり難しいかもと率直に感じます。

 

この辺りを把握するのは重要で、たとえば、無料体験レッスンがあるのでプログラミングの勉強の仕方のコツを教えてもらったり、実際に1カ月でエンジニアになるための心構えと努力の仕方を聞いてみると受講期間が終わった後に独学でスキルアップしていくことができると思います。

 

では、どのようなコースがあるのかのスケジュールをチェックしてみましょう。

@ビジネスコース 
期間は6カ月
⇒HTML/CSS/Javascriptからサーバーサイドのプログラミングの基礎から応用まで
⇒オリジナルサービスの製作
⇒サービスの企画や設計の方法、開発や運用の流れ
⇒高単価案件を獲得するためのスキル・方法を学ぶ

 

Aフリーランスコース
期間は3カ月
⇒HTML/CSS/Javascriptを学習 
⇒サーバーサイド言語や周辺技術の学習
⇒サンプルアプリケーションの作成
⇒フリーランスとしての案件獲得のスキルを学習

 

Bデビューコース
期間は1カ月
⇒HTML/CSS/JavaScriptを学習
⇒ホームページ作成・簡単なアプリ開発
⇒簡単なWebサービス開発の案件に携わる
⇒仕事獲得に必要なスキルを学ぶ

 

それぞれお値段が必要なので専門学校に通うと考えると安いです。
でも、本で独学で学ぶスタイルの人がプログラマーには多いのでその人たちにとってはかなり高いです。 (自分で理解できるレベルの事も含まれるため)

 

でも、文系や、短期間でプログラミングを仕事にしたい人にとっては結果的に安いと感じる可能性があるのかな?と感じます。 クラウドワークスとかもありますしね。

 

実際にプログラミングの仕事に携わって、年収がUPすると十分にペイできる自己投資の料金だと思います。

 

プログラミングに挑戦したいと感じたなら無料レッスンを受けてみるのはいかがでしょう。 ⇒ >>> プログラミングの無料レッスンを受講するのはこちらをクリック <<<

侍エンジニア塾