新卒で数名の採用に対して数十倍の応募が集まる人気の職業です。

ウェディングプランナーのやりがいは? 

今や、新卒10名の採用枠に1万通のエントリーが集中する職業=ウエディングプランナー。

 

「本質的」かつ「実践的」な教育で、
ウェディングプランナーへの第一歩を歩みませんか?

 

ウェディングプランナーとして働いておられる人の感想は。

 

クラリスウェディングプランナースクール公式サイト
からですが、
後日、新婦から長いメールをいただきました。新郎新婦の感謝の言葉だけでなく、列席者からの感想などもたくさん書いてくださっていて、「結婚式をやって本当に良かった」という想いがひしひしと伝わってきました。今そのカップルは毎年、結婚記念日になると、レストランへ会いに来てくださいます。結婚式が終わってからも、こうしてご縁が続くなんて…私、本当に幸せです。

 

新規接客担当プランナーとしての私がもっとも大切にしていること。それは、「お得感」ではなく「納得感」を感じていただけるご案内をすることです。

 

お客様のご要望を叶えるために、スタッフが全員で知恵を絞り、協力し合っているから。そんな仲間たちに囲まれて働けることに、日々充実感を覚えます。

 

結婚式には、たくさんの人が関わっています。全員が最高の状態で自分の役割を全うできるように、日々コミュニケーションを取りながら、信頼関係を築くこと。それが、この仕事にとって重要なことであり、やりがいに繋がると感じます。

 

などがあります。

年収や仕事 内容は?

ウェディングプランナーの年収や、休日は様々かもしれません。

 

 

「新規接客業務」「打ち合わせ業務」「当日の運営業務」。

 

この3つが、ウェディングプランナーの「3大業務」です。
それぞれがどんなお仕事内容なのか、講師の解説付きで詳しくご紹介します。

 

新規接客業務 結婚式会場を探しに訪問してくださったカップルに、「ここで結婚式をしたい!」と決めていただく大切なお仕事です。なぜならば、そのご縁がないとプランナーがウェディングを手がけるお仕事は始まらないからです。首都圏の結婚式会場が約620もある中で見学に訪れていただける、新規接客業務においてカップルとの出逢いは「一期一会」です。だからこそ、数多くの会場の中から選んでくださったお客様との出会いの場で、会場の特徴や魅力だけでなく、自分の魅力も感じてもらえるかどうかが、ウェディングプランナーの腕の見せどころです。
打ち合わせ業務

結婚式当日の約4ヶ月前になると、いよいよご成約いただいたカップルとの打ち合わせが始まります!初回打ち合わせでは、当日までのスケジュールのご案内や、招待客に郵送する招待状の内容に関するご提案・アドバイスを行います。
招待状の準備が一段落したら、ここから結婚式の内容を詳しく決めていく打ち合わせになります。カップルと一緒に考え決定したテーマを元に、そのテーマに沿ったパーティプログラムやウェディングアイテム(お花・お料理・写真VTR・ギフト等)をそれぞれのプロフェッショナルなスタッフと一緒に創造していきます。また、打合せ業務では、プランニングだけではなく、カップルの手に代わってアイテムの手配・準備をすることもプランナーの仕事です。
結婚式当日まで残り1ヶ月。準備も大詰めです。最終打ち合わせでは、全てのアイテムやプログラムを決定していただきます。すべてが決定したら、必要なアイテムの手配や最終のお見積作成などを行います。

当日の運営業務 本番前日までに、最終打ち合わせで決定した準備内容や手配したアイテムをすべて滞りなくセッティング。当日は各スタッフと連携しながら、結婚式全体を指揮する役割を担います。オーケストラの指揮者のように、全体を見渡し、何か問題は起きていないか常に気を配りながら運営をしていきます。この日求められるのは、臨機応変な対応力やチーム全体をまとめ上げるリーダーシップ。「絶対に成功させる!」という覚悟を持ってチームで創り上げた達成感はひとしおですし、何よりもカップルやゲストからいただける「ありがとう」のギフトが待っています。

 

 

詳しくはこちらをクリック ⇒ ウエディングプランナーになるためのスクール「クラリス(CLARIS)」

ウェディングプランナーになるには

就職に強い即戦力人材を育むウェディングプランナースクールに通うのが近道かもしれません。

 

専門的かつ実践的な教育カリキュラム
強力な業界ネットワークで万全の就職サポート
ビギナーからトップクラスへステップアップ方式の学習システム

 

 

少しでも本校に興味を持っていただけた方は、こちらをクリック ⇒ウエディングプランナーになるためのスクール「クラリス(CLARIS)」

 

クラリスウェディングプランナースクール公式サイト